碌山美術館の歴史

「若し芸術の聖地という言葉があるとすれば、私は本日ここにこの言葉を惜しみなくささげたい気持ちで一杯であります」。この言葉は、碌山美術館開館落成式で述べられた、東京国立博物館長・浅野長武の祝辞の一節です。
 荻原守衛(碌山)の作品は、長らく家族が生家に建てた「碌山館」で展示・公開することで守り伝えてきましたが、美術館設立の気運を高め推進したのは、地元の教員たちでした。 
 南安曇教育会(現・安曇野市教育会)は1953年、荻原守衛の人と芸術を一層広く伝えるため、「荻原碌山研究委員会」を立ち上げます。委員会は、東京芸術大学彫刻科助教授、笹村草家人を指導者に迎え、研究・顕彰・作品保存を三つの柱にして活動を行いました。研究は精力的に進み、翌年の『彫刻家荻原碌山』の刊行に結実しています。
 1955年には、作品保存の観点から全作品をブロンズ化し、碌山を顕彰する流れは財団法人碌山館設立委員会へと発展しました。建設にあたっては、南安曇教育会、穂高町、東京方面の関係者とが連携することで進行し、寄付金は長野県内の小中学生へも呼びかけられ、児童の5円、10円の協力を含む29万9千100余名の力よって碌山美術館は1958年4月22日に開館しました。
 荻原守衛の芸術を守り伝えるために力を尽くし、研究・保存・美術館建設に情熱を注いだ教師たちの軌跡をご紹介します。

碌山美術館設立前史

1910年(明治43)4月22日、荻原守衛(碌山)急逝。

1911年(明治44)新宿の角筈にあった碌山のアトリエを、相馬愛蔵・黒光夫妻そして碌山の渡仏時代の親しい友人であった斎藤与里によって新宿中村屋の敷地内に移築。「碌山館」と名付け、碌山の作品を陳列し一般に公開した。

1915年(大正4)相馬夫妻、次兄荻原本十、碌山の友人たちによって遺作、遺品が碌山の郷里の穂高・荻原家に送られ、長兄の荻原十重十は母屋の南に十坪の平屋を建てて作品を納めた。

1916年(大正5)東京と同じく「碌山館」と名付けて一般に公開。

1953年(昭和28)南安曇教育会に荻原碌山研究委員会が発足。指導者に東京藝術大学助教授の笹村草家人を迎え、調査研究を進める。翌年『彫刻家荻原碌山』上梓。

1955年(昭和30)研究委員会を碌山作品保存会として、作品のブロンズ化と全作品の保全修復が進められる。

1957年(昭和32)財団法人碌山美術館設立委員会が出身地の穂高町、南安曇教育会を中心に組織され、寄附募集を行う。東京藝術大学、東京国立博物館、東京国立近代美術館の協力を得て、美術館建設に着手。荻原生家より石膏原型・絵画・資料が全寄附される。

1958年(昭和33)4月22日碌山美術館開館。

新宿中村屋時代の「碌山館」  1911年~1915年

写真の写っているのは荻原の親友、戸張孤雁(左)と柳敬助(右)

PAGE TOP
MENU