クラウドファンディングに挑戦中です‼

皆様のお力で「碌山館」を未来へ 

目標金額

700

万円

2022年7月15日(金)から8月31日(水) 23時まで

ごあいさつ

碌山美術館は、荻原守衛の作品と資料を永久に保存し、一般に公開するため、1958年4月に開館しました。建設費用は長野県下の全小中学校の生徒をはじめとする約30万人の寄附によって賄われたというめずらしい美術館です。

開館64年の月日による傷みが荻原守衛の作品を展示する「碌山館」を侵食しており、雨漏りが見られ、修繕を早急の課題としています。しかし、来館者の減少により今は積立金を取り崩しながら運営を続けているため、資金が足りません。それでもなんとか早期に修繕に取り掛かりたいため、クラウドファンディングに挑戦することといたしました。

今回皆様からいただいたご支援は碌山館の修繕費に充てさせていただきます。安曇野のシンボルである碌山館を美しく蘇らせ、次の世代へと大切な作品を守りつないでまいります。

どうぞ皆様からのご支援、ご協力をお願いいたします。

 

2022年7月
公益財団法人碌山美術館
館長 幅谷啓子

ご支援に関して

①WEBサイトからのご支援 ②インターネット以外でのご支援
以上2つの方法がございます。

①WEBサイトから、クレジットカード、銀行振込でご支援の方は
⇒こちらから

②インターネットでのご支援が難しい方、インターネット以外でのご支援方法をご希望の方は
⇒こちらから

MENU